Flower Friday、Flower Biz くらしに花を取り入れる新需要創出事業|全国花き振興協議会

花のお手入れ方法

切り花を長く楽しむためには?

お花を買ってきた!プレゼントでもらった! でも、どう飾ったらいいんだろう・・・?
せっかくいただいてもすぐ枯らしてしまう・・・と悩む方も多いかと思います。
でも実は、切り花を長く楽しむために押さえておくべきことはとてもシンプルで、

「清潔、栄養補給、適した環境」

これらの点さえ押さえておけば大丈夫なんです!
以下に切り花を長く楽しむための基本をまとめましたので、是非参考にして花のある生活を楽しんでみてくださいね!

1)最初にやるべきこと

  1. 花瓶やグラスなどを洗剤でキレイに洗う
  2. 水に浸かる葉(下葉)を取り除く
  3. ハサミを使って水中で茎を切り戻す(水あげ)

≪+α≫ 切り花栄養剤でさらに長く美しく!
≪+α≫かんたん!器とお花のバランスのとりかたあれこれ


2)生けた後の管理方法

  1. 水を清潔に保つ
  2. 直射日光や空調、気温に注意する
  3. 傷んだ花や葉、茎を取り除く

1)最初 にやるべきこと

1. 花瓶やグラスなどを洗剤でキレイに洗う

切り花は雑菌にとても弱く、生け水に雑菌が繁殖してしまうと茎の中にある水を吸い上げる管(導管)が詰まってしまい、しおれてしまいます。
そのため、生ける前に花瓶やグラスなどをキレイに洗浄しておきましょう!
清潔な環境が切り花を長持ちさせる第一歩です。


2. 水に浸かる葉(下葉)を取り除く

葉も切り花を構成する大事な要素ですが、花瓶の水に浸かってしまうと腐ってしまい、雑菌が繁殖する原因となってしまいます。
あらかじめ水に浸かる部分の葉は取り除き、お花が快適に水を吸い上げられる環境を保ってあげましょう!

下葉を取り除く

そのまま生けると水に浸かってしまう下葉を取り除きます。すべてとってしまうと光合成ができなくなったり、葉に蓄えられている養分が失なわれてしまうので、見た目を損なわない程度に残しておきましょう。


3. ハサミを使って水の中で茎を切り戻す(=水あげ)

切り花が水を吸収することを促す作業を「水あげ」といいます。
水あげをおこなうと切り花がイキイキと元気になり、グッと長く楽しむことができるようになります。
バケツなどにキレイな水を用意し、水の中で茎を斜めに切ってあげましょう。
切り口が空気に触れず、水に触れる面積が広がるので、切り花が水を吸い上げやすくなります。

この時のコツは、よく切れる清潔なハサミを使うこと!
切れ味の悪いハサミを使うと水を吸い上げる管が潰れてしまい、汚れたハサミを使うと切り口から雑菌が侵入してしまいます!

水あげ

球根植物やカーネーションなど、水のあがりがとても良い花は必ずしも水中で切る必要はありませんが、はじめは基本として水中で切り戻す方法を押さえておきましょう。


≪+α≫ 切り花栄養剤でさらに長く美しく!

植物は花を咲かせるエネルギーとして「糖」を消費します。そのため、水だけをあげていてもエネルギー切れになってしまうことも・・・。
切り花栄養剤は、糖分のほかに、水中での雑菌の繁殖を抑える抗菌剤も含まれているので、花を長くキレイに咲かせることが出来る上に、水替えなどの管理の手間を大きく減らしてくれるとても便利で経済的なアイテムです。
お花屋さんやホームセンターなどで購入できますので探してみてくださいね。

栄養剤

使用方法は、花瓶に注いだ水に対し規定量の栄養剤を希釈するものが多いです。かかる手間、コストに比して効果が大きいので、切り花を飾る際には、是非使用することをおすすめします。


≪+α≫かんたん!器とお花のバランスのとりかたあれこれ

買ってきたお花をそのまま器にいけてもなんだかしっくりこない・・・
もしかすると、器とお花のバランスが悪いのかもしれません。
そんなときは、器の高さ:器から出た花材の長さ≒1:1を意識してみてください。

チューリップ

左は買ってきてそのままのもの、右が1:1を意識して整えたものです。
もちろん厳密に1:1というわけではなく、おおまかでOKです。
このように、器の高さに合わせて整えることで、どこで切ればいいか迷うことなくスッキリとバランスよく飾ることができます!
なお例外としては、マグカップなど背が低い器を使用する場合は、
器の高さ:器から出た草花の長さ≒1:0.5
枝物など、全長が長い花材については、
器の高さ:器から出た枝の長さ≒1:2
を目安にしてみてくださいね!


2)生けた後の管理方法

1. 水を清潔に保つ

「最初にやるべきこと」で触れたように、切り花はとても雑菌に弱いです。
水が濁ってきたら雑菌が増えやすくなっているサインなので、そうなる前に器の水を換えてあげると長持ちします。
その際に花瓶を洗剤で洗うと効果的に雑菌の繁殖を抑えることができます。
また、切り花栄養剤を使うと雑菌の繁殖をおさえ、水が汚れにくくなりますので、水換えの頻度をグンと減らすことができます。


2. 直射日光や空調、気温に注意する

切り花の観賞期間は飾る場所の環境によって大きく左右されます。
以下の三点について注意を払えば、切り花をもっと長く楽しむことができますよ!

① 直射日光や空調の風に当たらないようにする

直射日光や空調の風が当たると、水分が失われやすく乾燥してしまいます。
窓際に飾る際はレースのカーテンで遮光し、空調がある部屋に飾る場合は風が直接当たらない場所に置きましょう。

② 昼と夜で明るさにメリハリが出る場所に飾る

一日中明るい環境下におくと、植物は水蒸気を放出し続けるため乾燥状態になってしまいます。
昼と夜で明るさにメリハリがある場所に飾りましょう。

③ できるだけ涼しい場所に飾る

気温が高いと植物は老化が早まり、また、生け水に雑菌が繁殖しやすくなるため、観賞期間が短くなってしまいます。
できるだけ涼しい場所に飾るのがコツです。


3. 傷んだ花や葉、茎を取り除く

朽ちていく様子も花の美しさのひとつですが、傷んだ葉や花があると周りの元気な組織の老化を促してしまいます。傷んだ箇所は適宜取り除いて長く観賞できるようにしましょう。
茎についても同様に、水に長く浸かっていると少しずつ変色し傷んでくるので、健全な色の箇所まで切り戻してあげましょう。このとき、よく切れる清潔なハサミを使うことをお忘れなく!

茎

左写真は生けてから5日経過した時の様子。茎の組織がふやけ、白く変色しています。
このような時は右写真のように元の健全な茎の色の箇所まで切り戻しましょう。

以上が切り花を長く楽しむ上での基本ポイントでした。
「清潔、栄養補給、適した環境」
これらのポイントを意識して、花と過ごす幸せな生活を送ってくださいね!